スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DDH07 再再再メイク再開!


うおぉぉ~ん!!ワンパンマン終わっちまったよ~ぅ!!
最終回の敵すごくよかた……
最後を飾るに相応しい敵でした、うんうん

でも本日はまたまたメイクのお話なんです
すいません、最近メイク記事ばっかりで(-_-;)
メイクついでって事でもちゃさんの使用してる道具とか載せてみます。

あ、前にもやりましたね!(>∀<;)
んでも今使ってるやつはちょいとばかし違いますぜい!
あと「削り」と「ヤスリ掛け」もついでに、ね

少しばかり長くなりますから畳みまする~


caution!!

ヘッドのみの画像が出て来ます
閲覧する際はご注意下さいませ





まず始めにメイク進めていましたDDH07コトたまこさんヘッド
調子良くメイク進んでいたのですが
ここに来まして「削った部分」がデコボコしてるのに気付きました




光を透かしてみて光のアタリが薄いところや濃いところが出るのは
「ヤスリ掛け」が不十分もしくは気泡があるとこ
後者だと修復が大変すぐるΣ(>□<;)

写真では本当に全くわからないかもしれませんが
主に削りを施した鼻周辺、小鼻あたりと鼻の下あたり
それと何故か左頬あたりに小さなキズがポツポツとあります。

メイクする前に念入りにチェックしたつもりでしたが
光を色々な角度で当ててみると表面の凹凸が気になって気になって……




光を当てて……





色んな角度から……



写真じゃわかんねえ!!!Σ(>Д<;)
多分光源強すぎて写真に写らないっぽいです
なので室内灯のみのやつを見てみましょう





あ、こっちのが断然分かりやすい(>∀<;)タハハ
この写真だと小鼻あたりのヘコみがわかりますの
写真でここまでわかると肉眼で見るとかなぁ~り目立ちます
この状態でメイク完成しても変態主義な私の事ですから絶対メイク落としてます

そして案の定この状態でメイク完了間近までやっちゃってます
けど変態主義なry

んではちゃちゃっとヤスリ掛けちゃいましょうね~♪




んふふ♡ツルツルになったお(*´ω`*)
削りするとどうしても凹凸ができます
これは避けられぬ宿命……!!
ケ◯シロウがサ◯ザーと闘うくらい必然!!
私は最初からリューターでちょんちょん削っていくやり方してます。
初めての頃はデザインナイフで大まかに削ってから
リューターちょんちょんしていましたが


デザインナイフで削ると指切るので…ではなくてw
変にチカラが入ってしまった時に削り過ぎてしまった事故から
最初からリューターを使うようにしました。
なだらかな曲線などもリューターだと出しやすいですからね!


けどこの辺りは本当十人十色です。
デザインナイフ➡リューターて人もいますし
デザインナイフのみ……はいるのかな?
リューターのみてのもまた一つのやり方です





下方向から光を当てても大丈夫!




上から……

う~ん……まだ少しヤスリ掛け不足(-_-;)


て、事でヤスリ掛けでい!
もちゃさんは主にコイツでヤスリ掛けしてます




電動ヤスリ~!
秒間何回も動いてくれるスーパーCOOLな子!
手では時間の掛かるヤスリ掛けを劇的に短縮してくれます!
ただし細い隙間などには使えない弱点もありますが……

東急ハンズさんで買いましたよ(^ω^)
この電動ヤスリには最初から三種類の専用スポンジペーパー付いてるのですが




数が少ねえ!!!(>Д<;)
写真に写してるのは#1000番のペーパーです
このスポンジペーパー裏は両面テープになっています
電動ヤスリのブラシ部分にペタッと張り付けるようになってます

このスポンジペーパー自体もバラ売りもしているらしいんですが見た事ないんですよねw
なので私はタミヤのスポンジペーパーを細かく切って
両面テープで張り付けて使用してます




両面テープ自体も2回までなら使えますぞ
2回目以降は粘着力激減するので替えた方がいいですじゃ

んでヤスリ掛けに話しを戻しまして
このイカス子でブインブインヤスリ掛けしまして
番数は#400で削った部分の凹凸を均一にならしてから
#600、#1000番で削った部分とヘッド全体をゴシゴシ
人によっては#1200以上までいきますが
もちゃさんは#1000番までです理由とかは特にないれす

ちなみに番数が上がるほどヤスリの目が細かくなりますぞ



着いた削りカスは平筆でちょいちょいっと



手順的には削り➡ヤスリ➡洗浄になりますの
先に洗浄しても削りの後また洗浄しなきゃいけないの_(> ∟ε:)_

おっとリューターですよ!リューター!
もちゃさんはこういうの使ってます



初めは左の緑色のを使っていましたが
回転数の変更ができないのですよ……

今は右側の薄紫のやつを使ってます
これは回転数の変更が出来るので重宝してます







緑色のほうはビットを差し込むとこがロック式なんですよ(;´д`)
ビット軸の径が細いとロック出来ないのでスカスカで全く使えませぬ……
太過ぎると入らないしどうしたらええのん……(泣)





そこでコイツですよっ!
薄紫の方はキーレスチャック式で先端のネジにて調整可能!
なのでビット軸が太過ぎない限りガッチリ固定できまする
カスタムしたいぞぅ!て方はリューター買う時の目安にでもしてくだせい!

商品名……わからんとです!(`・ω・´)キリリッ

つか、もちゃさんの腕キズだらけだの……
ヤスリ掛けたらキレイになるかしらん(^ω^)








割り箸に指してるとリンゴ飴みたい(*´ψψ`)プスス




スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。